落語を聴いた日

ナマで落語を聴いた日の覚書と、落語に関係するあれこれについて書きます。

6/8  第五回 立川こはる独演会@新宿文化センター小ホール

6月8日

立川談春の一番弟子で35歳、2012年に二つ目になった立川こはる。独演会なら是非行こうと、だいぶ前からチケット取ってました。

一、「お菊の皿」 立川こはる

登場するフォームから、自分の持っていたこの方のイメージとはちょっと違いました。(思っていたより賑やかでした。) 独演会なので、ご自分のやり方がより強く出ていたのかな。マクラは長かった。でも、こはるさんの学生時代のエピソードが楽しく聴けて良かった。農工大落研時代の肝試しの話題でした。(彼女のフライヤーによく写っているのが農工大の風景とのこと。キャンパスの3/4が畑や林で、建物は1/4。獣医学科もあるので夜は動物の鳴き声が聞こえる。) 噺自体はいろいろ独自の部分があり、結果的に1時間になってました。とにかく口調がキレッキレのべらんめえ口調でスカッとする。ネタおろしだったそうです。

一、「岸柳島」 立川こはる

私はこの方の、男性登場人物として声を張った時の感じがとても好き。すごく迫力があってカッコいい。この噺のなかで、それが出て来て嬉しかった。

仲入り

一、「青菜」 立川こはる

前半が長くなったためか、後半は早めに本編に入ってました。わたし、この噺を生で聴いたことがあるのは立川志らくだけで、桂枝雀の動画や他の落語家の録音の方がたくさん聴いています。ちょっとこなれていない感じがしました。

生前の立川談志はしばらくの間、こはるを男だと思っていたそうです。着物や髪型からは男性に見えるし、声質も女性的ではない。でも実際女性なので、これからどんな方向に行くのかな。『男っぽい』のがある意味この方の魅力だと私は思うけれど、噺には当然女も出てくる、それをどう演じるのか。こうやって目が離せない落語家さんが増えるのですよ。

5/27 渋谷でヤル会フェス前編・昼の部@渋谷ユーロライブ

5月27日

開場待ちしていて、金曜日の会とお客さんの層が全く違うのがよくわかりました。今日は若い女性が9割5分以上!

最初のトーク志ら乃さんが客席に尋ねると、落語は初めて、という人が結構いました。 


一、開口一番「子ほめ」  汐谷文康

若い人気声優さん。志ら乃さんに稽古つけてもらい、初高座だそうです。

分野は違っても、言葉を発する仕事のプロですから、ところどころに独自のギャグも入ってました。

一、「寄合酒」  のゝ乃家ぺぺぺぇ

ベテラン声優さんの時の名前は、山口勝平です。岡山の600人の会場で、初めて志ら乃さんと二人で落語会を開催した時、行列が出来ているので喜んだら、隣の場所で上映するコナンの映画のお客さんだったそうで。(工藤新一の声はこの方です。)志ら乃さんの5番弟子くらい、だそうです。勝平さんの方が年上ですが、師匠と弟子の立場ですから、汐谷さんがやらなかった(彼に「教えるの忘れてた」とのこと)、高座返しもきちんとやってらっしゃいました。1月の時よりさらに上手く楽しくなって、余裕さえ感じました。

一、「反対俥」  立川志ら乃

マクラで、幼稚園で「つる」をやった時の話題。二羽目の首長鳥が飛んで来るところで園児たちに「るー!」と言われたり、最後に、「しー、らー、のー!」とお見送りされた話。本編もいきいきしていて、しまっていて良かった。

仲入り

一、「看板のピン」  立川談吉

勢いがあって良いな。

一、「火焔太鼓」  立川志ら乃

着替えて登場。まず、自慢をしますと言って、映画「億男」(10月公開)の撮影で15分の芝浜をやった話から始まったのです。台本を読まなかった為、撮影場所に行ってわかったのが「立川志ら乃役」で高座をやるシーンで、メクリも出ていること。とたんに、緊張したそうです。自分が自分を演じるから。ん、粗忽長屋やるのかな?と思ったけれど、火焔太鼓でした。この火焔太鼓がとても可笑しくて楽しかった。こんな埃まみれのボロ太鼓を売りに行ったら酷い目にあうに違いない、という妄想が楽しい。忍者屋敷みたいに壁から槍が沢山出て来るのを、段違い平行棒のようによけて逃げる、とか。


最後に出演者全員が出て、少しトークもありました。

5月は4回落語会に行ってしまった。楽しかった。また、新しい手ぬぐい買ってしまいました。







5/25 立川流《新宿新作の会》@新宿永谷フリースタジオ Fu+

5月25日

一、開口一番「夕立屋」 立川志ら松

新作の会ですが、前座さんは古典をやりますとのこと。肝心な箇所で夏と冬を言い間違えたのが惜しい!

一、「死」  立川がじら

あの世に行った人が登場する古典落語ありますよね。新作で、似たシチュエーションで作るのは難しいのかも。とにかく、失礼ながら、ピンと来るものはなかった。

一、「狂言マック」「天使と悪魔とエトセトラ」  立川三四楼

私は能楽ファンでもあります。この方の狂言の発声は上手いし、『シン・ゴジラ』のこととか、言い回し自体はおもしろかった。が、噺のテーマがもう古いし、狂言に関心ない人には通じないでしょ。後半で、有名人の似顔絵ペープサート(似ていないのもあり)を取り出したので、ビックリ。でも検索すると「いつもの」というツイートも見かけましたから、今までもやっている手法らしい。ん?どこが新作なのだろう。

一、「ウォーミングアップ」  立川キウイ

こういうグダグダ感がお好きなファンもいるのかなぁ?本当のウォーミングアップです。噺のタイトルではなくて。

一、「日大の話」  立川談之助

またも、モノが登場。いわゆる、フリップです。で、日大アメフトの話をはじめ、言いたい事を大声で言ってました。

え、新作落語

一、「グロサリー部門」  立川志ら乃

志ら乃ファンだからこの会に行った訳ですが、ここだけ別世界におもしろかった。にじみ出るものが格段に違うと思いました。





5/12 立川志らく独演会@中野ZERO小ホール

5月12日

一、開口一番「子ほめ」 立川らくぼ

一、「愛宕山」 立川志らく

幇間の一八(いっぱち)が登場したので、どの噺かなぁ(「たいこ腹」は横浜でやったし…)と思っていたら、愛宕山でした。志らくさんは“あたごさん”と言ってました。京都の愛宕山です。私は、桂米朝、枝雀の『愛宕山談義』という動画を何回も見ていたので、”あたごやま”の方がなじみがあります。

www.youtube.com

初めはのんきに歌いながら登る一八、そこでお得意の替え歌炸裂して大笑いしました。旦那がかわらけ投げのお遊びで本物の小判30枚を深い谷底に投げ、拾ったら自分のものになるとわかると、一八は傘を広げて飛び降ります。30枚確かめるのにごにょごにょ数えるのが可笑しかった。元のところに戻らねば、夜になると狼が出ると知り必死で考える一八。着物を裂いて作った縄と生い茂る竹の弾力を使って無事帰還。ここの動作が志らくさん熱演。こういう感じで体動かして落語やるのはあまり見たことないです。

仲入り

一、「らくだ」 立川志らく

私の好きな噺です。前回聴いた時は前半のみだったので、今日は最後の焼き場のシーンまで聴けて良かった。死骸の髪をむしって(当時はカミソリ等で髪を落とす習慣があったのだと思います)いるうちに口に入ってしまい、ペッと出すあたりの所作がリアルだった。最後に全員酔っぱらっているのがおもしろくて好き。らくだ(動物ではなく乱暴者のあだ名)の死骸を運んで来た二人も、焼き場のおんぼうも、らくだの死骸と間違えられて焼かれるところだった願人坊主も、酔っ払い。

計った訳ではありませんが、なんとなく以前より長くなっている気がしました。マクラのせいかも。生きたカエルを作り物だと言って、らくだがくず屋に売りつけるシーンとか、なかったですし。

5/9 第15回 新・志らく百席@横浜にぎわい座

5月9日

チケット取ったのに行けなかった月もあり、久しぶりの落語会で気分開放されました。

 

一、開口一番  「子ほめ」立川志ら門

7月に梅若能楽学院会館で会をやる方ですね。しらもん、さん。

 

一、 「幇間腹立川志らく

マクラで、テレビ番組に出るようになった経緯など。

ハリに凝った若旦那が、幇間=たいこもちに無理矢理ハリを打つ噺。

幇間幇間らしい『ヨイショ』が堪らなく面白い。志らくさんは歌が上手いので、ジャンケンの合図に歌う長い歌 (元は何なのでしょう?創作ではないと思うのですが。西郷隆盛の娘が出て来る。)で大笑いしました。

 

一、 「二階ぞめき」立川志らく

マクラに今話題のセクハラ芸能人のこと、芸人論。談志ならこう言うだろう、と言いつつ( 私もそう思う)、志らくさん本人の意見?言ってました。

吉原通いがやめられない若旦那の為に、番頭が家の二階をミニ吉原にしてしまう噺。植木屋や大工が張り切って作ったので、物はその気になる程良く出来ているけど、人はいないのです。だから、若旦那が一人で何役も演じて大喧嘩にまで発展するところが、なんともクレイジー!元々落語は一人で演じている訳ですが、さらに「一人芝居している若旦那」だとわかる仕草が見事でした。

紺屋高尾の三浦屋や、文七元結の佐野槌が出て来て楽しい。

 

仲入り

一、  「与話情浮名横櫛」(よわなさけ うきなのよこぐし)  立川志らく

歌舞伎でも有名な、お富、与三郎の長い噺( 4部構成だそうです)を約一時間で、しかも、「家族はつらいよ 3」(山田洋次監督作品に、志らくさん初出演。そして、林家正蔵さんと共演。)5月下旬公開記念に、各役を「男はつらいよ」の登場人物に当てての熱演。

(♪死んだはずだよ お富さん♪ のあの、お富です。)

血みどろのストーリーですが、寅さんの要素が入ると、おかし味が出て丁度良いあんばいになった感じ。

最後は、お富が与三郎を刺殺してしまいますが、後味は悪くなくて精神的に助かりました。

 

土曜日は中野で「らくだ」を聴きに行く予定。

やっぱり毎月行きたいな。

 

 

1/31 立川流 あたらしい会@新宿レフカダ

1月31日

満席でした。

一、 開口一番 「つる」 立川談洲

立川談笑一門の前座さん。自己紹介から噺の入り方がきれいだった。

一、 「花色木綿」 のゝ乃家ぺぇぺぇ

山口勝平、と書いて、のののや・ぺぇぺぇ、と読む」そうです。師匠が立川志ら乃で、口調が似てますね。

一、 「蝦蟇の油」 立川談吉

蝦蟇の油の口上がかっこ良かった。

一、 「待ちわびて」 春風亭昇々

春風亭昇太門下の二つ目さん。チラシには”他流派警戒枠”となってました。(超)高齢者が登場する新作落語。おもしろかった。

一、 「時そば」 立川志ら乃

この会を企画した人。まくらで立川談之助の代演で、新宿末広亭に初出演した話。から、時そば。時を数えるあたりで、両手の指を使ってちょっとゴチャゴチャしたかな。

仲入り

一、 漫才 米粒写経

初めて聴きましたが、大爆笑でした。

一、 「人間っていいな」 立川志の太郎

志の輔の弟子。高座を聴くのは2回目で、同じ噺ですが楽しかった。

一、 「鼠穴」 立川龍志

会場の空気感がガラッと変わりました。この方は、いわゆる「志の輔以前」の談志の弟子です。満員の客席を前に「鼠穴」を始めたと気付いた時(竹次郎、という主人公の名前と田舎なまりで気が付きました。)、ゾクッと来ました。いい意味で。最後のさげ (「夢は土蔵(=五臓)の疲れだ」)は、初めの方で伏線はってましたが、やっぱりわかりにくいかな。

1/10 第215回志らく一門会@お江戸日本橋亭

1月10日

志らく志ら乃親子会です。11月の談志まつり2017の時にチケット確保しておいて良かった。超満員。というか、内容と会場のキャパが見合ってない。


一、開口一番  「権助魚」  山口勝平

有名な声優さんですよね。師匠は立川志ら乃。後から「落語始めて半年ですよ!すごいでしょ!」と志ら乃さんが強調してました。確かに上手でした。おかみさん像が生真面目な感じではあったけれど、噺のどこを削るかも新鮮だった。


一、「ずっこけ」  立川志ら乃

マクラ、楽しかったけどとても長かった。(表参道の教会が主催した、ホームレス対象の炊き出しイベントの余興的な高座に代演で出た話題。)もし、その為に次の志らくの噺が短くなったなら、残念な気持ちもあります。

本編は何回か聴いているけど、実に可笑しいし、楽しい。メリハリがよりはっきりして来たように思いました。小声で言うところが、しっかり声のボリューム下がってた。全体的に、ご自分で今日はテンションがおかしい、と言ってました。

一、「らくだ」  立川志らく

マクラ無し。いきなり本編にスッと入り、「わっ『らくだ』だ!」と3秒でわかって嬉しかった。好きな噺。

長屋に訪ねて来た兄貴分が、らくだ(これは呼び名。とんでもない乱暴者。)の死骸をみつけるところから始まります。偶然か必然か、前夜に有名バンドのギタリストが数日前に事故で亡くなったことを知ったばかりだったのです。らくだ、とは全く違う人柄ですが、死、は共通点。だから、勿論人それぞれだけど、笑いの沸点が低いお客がゲラゲラ笑うのは違和感ありました。死骸に「かんかんのう」(その頃流行っていた唐人の踊り、と会話の中でごく自然に解説入れてました。さすが。)踊らさせて骨をポキポキ折るところとか。雨ン中の、らくだ、のエピソードは自分には泣くシーンなのですよ。

このまま最後までやるのかな、どうかな?と思っていたら、酒の入った屑屋の態度が兄貴分の"丁の目の半次 "と逆転したあたりで終演でした。


中入り

(ついつい、物販で新年の手拭いと次の会のチケット購入。)

一、「粗忽長屋」  立川志ら乃

志ら乃さんは別の噺をやろうとも考えていたそうですが、師匠志らくさんのアドバイスがあって、粗忽長屋。同じ系統 (今回なら死人) の噺を続けて演じないのが落語の世界の常識だそうですが、良いのでしょう。

これも私の好きな噺。行き倒れに一晩付いていた親切な人が、粗忽者に論破されて泡吹いて倒れたり、本当に『行き倒れの当人』を連れて来るかどうかで賭けごとするあたりが特におもしろかった。




11/20 立川談志七回忌特別公演 談志まつり 2017 (1日目)@よみうりホール

11月20日
談志の命日は11月21日です。例年、当日と前後の日に直弟子がそれぞれ出て3公演くらいやっていますね。友人にチケット取ってもらい、志らく爆笑問題が出る回に行って来ました。

一、開口一番 「平林」 立川談吉
一、「金明竹立川談慶
上方訛りのアメリカ人が出てくる、志らくの「金明竹」の印象が強烈で、談慶さんの口調が緩く感じてしまいました。
一、 「豆や」立川キウイ
一、 「時そば立川志らく
キウイの次に上がるなんて!とマクラで言ってました。ホント、そうですね。世相斬りモロモロ。小さん師匠の得意な(好きな、だったかも)ネタをやります、と時そば
♪インド人のさるまた ネトネトするよ~♪を久しぶりに聴きました。談志はこれ好きだったそうです。
この噺は、まさかのクライマックスで(数を)言い間違えた高座を聴いた経験があるので、実はちょっとドキドキしましたが、さらりと調子良くいきました。

仲入り
一、 一門挨拶
緞帳が上がると、めくりは「立川談志」、そして大きな垂れ幕に談志の写真。本日出演の弟子一同深々と頭を下げて、口上の始まり。司会は談吉でした。
落語家らしく、談志一門らしく、各人が言いたい事話してました。変に形式ばったり、湿っぽい雰囲気は無し。
談志の死は、亡くなって骨になってから公表され、弟子も死に目にあっていません。誰かが、「死んだ実感がない。どこかにいるんじゃないかと思う。談志について語らない談春がかくまっているのでは?」と言っていました。
特別ゲストで、タイ在住のミッキー亭カーチスも。いわゆるBコースの弟子ですね。ミッキー・カーチスさんです。やすらぎの里から来ました、が第一声でした(笑)

一、 「粗忽の釘立川談笑
談笑ってこんなに毒が薄かったかな?という感想。でも、どっしりして、かつ、おもしろかった。
一、 漫才 爆笑問題
生で漫才聴いたのは初めて。そして、動画も含め爆笑問題の漫才聴いたのも初めてです。
世相のアレコレを次々としゃべる。ここが一番観客が沸いてましたね。前半の高座から、客席の笑いのハードルが低いなぁとは思っていましたが。太田がああいうキメの?アクションするとは知りませんでした。
「インスタ映え」の話題に、ご高齢の観客はついて行けたかなぁとも思うけど、楽しかった。
一、 「柳田格之進」 立川談四楼
爆笑問題の次にきっちりした(講釈から持って来た?)この噺で、その対比がおもしろいし、カッコ良かった。
談志が嫌いな噺をやります、という言葉から始まりました。ある時談四楼が高座でやったのを談志がわざわざ残って聴き、そんなに悪くもねぇな、となって、オチがないから家元と一緒にオチを考えたそうです。
スッキリした気分で帰路につきました。

11/9 第十二回 「新・志らく百席」@横浜にぎわい座

11月9日

一、開口一番 「こほめ」 立川志らぴー

一、「湯屋番」立川志らく

親に勘当され、職人の家の二階にやっかいになっている若旦那、権八。その家のおかみさんに嫌味なことをされて困ってはいるが、反省の色無し。

いつまでもブラブラしていると良くないということで、湯屋(銭湯)に奉公に行き、憧れの番台に座る。そして、妄想炸裂!湯屋で芸者と出会ってアレコレと話が自分の望む方へと広がる広がる。お腹かかえて笑いました。後半で芝居がかった口調になったのは、歌舞伎に演目があるのかな。権八の滑稽な様子を第三者の目で語るのが、またよけいにおかしかった。

一、  「やかん」立川志らく

談志のイリュージョン落語のシンボルのような噺。何回か志らくで聴いていますが、どんどんイリュージョン(?)が増殖している気がします(笑)

それにしても、文房具屋のくだり (地球が丸い証拠に丸い地球儀が売られている)を談志のものまねでやっても、客席はあまりピンと来てなかった感じがした。談志を聴いたことのない人が増えているのかな。私も生では聴いてませんが、音源や動画はそれなりに聴いています。

どちらかのマクラで、山田洋次監督「家族はつらいよ 3」(2018年5月公開予定)の収録の話題が出てました。監督から直接オファーされたのがとても嬉しい、と。志らくは重要な役柄ではないけれど、林家正蔵と一緒のシーンに出演だそうです。落語家では笑福亭鶴瓶も出演。ああ、楽しみだ!

仲入り

一、  「富久」立川志らく

幇間の久蔵が主人公の噺。江戸の冬の寒さ、火事の恐ろしさ、を想像しながら聴きましたが、想像以上だったんだろうなぁ。人生の泣き笑いを描いた噺。

 

 

 

 

9/13 立川流夜席 『オール真打ち、オール前座噺』@お江戸上野広小路亭

9月13日

前日に思い立って行くことにしました。

一、開口一番 「寿限無」 立川錦笑 立川談笑の4番弟子さん。

一、「権助魚」 立川左平次 

最初の師匠、快楽亭ブラックさんに教わった噺だそうです。(現在は立川左談次一門。)これは前座噺ではない!と後の高座で言われ、楽屋でも話題になったそうです。聴く側としては、私は分類はあまり関心ないです。そんな楽屋から高座に上がったせいかどうか、どうもこの方の"おっ!良いな"という時に遭遇しません。まだ3回しか聴いていませんが。

一、「子ほめ」 立川談四楼 

なんと、初演だそうです。落語はいったい全部で何席あるのかわかりませんが、有名な噺でもこういう事があるんですね。全体の雰囲気、口調がさすがに上手い。今夜の主旨に従って、羽織着用せず着流し姿。

一、「道具屋」 土橋亭里う馬 

どきょうてい・りゅうば、立川談志の一番弟子。前座時代、談志にいわゆる三番稽古をつけてもらったけれど、どうも1回やってみたかっただけのようで、次からは録音可になったそうです。"権助魚は前座噺ではない"という話題も。「道具屋」そのものはおもしろかった。

一、「つる」 立川雲水 

立川流ですが関西弁で喋る方。いつ聴いてもはずれがない。「つる」は関西生まれの私には、こどもの頃ラジオで聴いた(誰だったのかな?)なじみ深い噺です。ご隠居さんが、たいていのことは知っているというので出した質問が、「アロエ花言葉は、なに?」ともう一つ。

一、「花色木綿」 立川志ら乃

『オール真打ち、オール前座噺』はこの方の考えた企画のようです。当初の告知では「時そば」の予定が、前夜に「花色木綿」になってましたね。花色木綿(はないろもめん)という単語も、こどもの頃聴いた落語にあったことだけ覚えています。ストーリーは忘れてました。自宅に泥棒が入っていて遭遇したというマクラから爆笑。泥棒が5分だけ見たという小津安二郎の映画を借りて見たくなりました。本編も勿論おもしろかった。「権助魚問題」に触れてました。帰りにCD「雲八」と手拭いを購入。

 

※9月16日追記 志ら乃さんと、寸志さん(出演はなかったけれど勉強の為、舞台袖で聴いてらした)が終演後の楽屋で話した音声が公開されてます。談四楼さんのカッコ良さ、うん、確かに里う馬さんは初めから「木刀」と言ってネタバレしてたけど与太郎の感じがとても良かった、雲水さん関西人で理屈こねる奴の魅力全開だった、と共感しました。

音声 オール真打ち、オール前座噺について|立川志ら乃のブログ