読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落語を聴いた日

ナマで落語を聴いた日の覚書と、落語に関係するあれこれについて書きます。

11/5 赤坂寄席vol.4 「本日、ふたりで」 @豊川稲荷東京別院

11月5日

立川志らく&相島一之」の二人会の2日目にして千秋楽に行って来ました。前回までは赤坂レッドシアターでの開催でしたが、今年は会場が確保出来ずこの会場になったとのこと。ご本尊様と同じ高さに赤い布で覆われた高座があり、その前には賽銭箱。開演前に硬貨投げて拝んでいる人もいました。びっくり。信仰心が篤いのかな。客席は座敷に椅子でフラットでしたが、高座が高いので演者はよく見えました。

まずお二人登場し、挨拶と簡単に今までの経緯説明。

一、「一人長屋」 相島一之(あいじま かずゆき)  脚本家の鈴木聡さんが書いた新作落語。これまでは「一人称落語」をやっていたけれど、今回初めて登場人物の複数いる落語に挑戦!だそうです。この人は俳優さんです。(後日、映画「12人の優しい日本人」のDVD借りて見ました。面白かったです。) 落語は、複数の人物が混同しないよう、頑張って "かみ・しも" を間違えず奮闘されてました。自分で眼鏡飛ばすほどに。高座の上に座布団がないなぁ…と思ってましたが、彼は高座を椅子のように腰かけて話すスタイルでした。ちょっと理屈ぽいけれど、楽しかった。

休憩

一、「子別れ」 立川志らく 座布団が出て、仏様と同じ高さに座り、マクラ無しで噺に入りました。これは泣きますよ。亀坊は口が達者で、ちょっと生意気なところもある子だけど、言っていることは正直。普通にやってもジンと来る噺ですが、志らくの噺には通りすがりの八百屋が登場して、もう一つの目で情景を語る。これがおもしろい。吉原の帰り、吞んだくれて花魁ののろけまで言い、怒る女房に暴力をふるい、離縁状(三行半に一行おまけして四行半)を書き、女房子供に逃げられる熊五郎。彼が改心して酒を断ち、3年後、亀坊と再会するシーン…の脇に八百屋がいて見てるのです。「良いお話ですねぇ。商売もんの茄子ですが、どうぞ」。翌日、約束通りうなぎ屋の二階に亀坊が来る。後から気になって来てしまった女房とヨリを戻すシーンにも遅い昼飯をとる八百屋。泣きながら笑い、笑いながら泣きました。

一、トーク 「男はつらいよ」のテーマソングでお二人が登場。特に関係は無いのです、と言いつつも、志らく山田洋次監督が認めた「寅さん博士」ですから、映画のマニアックな話題あり。 ( 第〇作で電車が発車するシーンに、撮影だと察知し喜ぶ乗客が一瞬映っている、等) 相島さんは俳優として渥美清のすごさを語っていました。初期の作品でとらやの二階に上がる時に、3段階で見事にコケている話とか。途中から作者の鈴木聡さんも交えて、3人でトークでした。落語と芝居の違い。落語はリズムとメロディ、ここぞというところは感情を込めるが、それ以外は冷静に状況を見ながら鼻唄を唄っているようなもの。芝居は、演出家の意を受けて、その一人の人物になりきる。志らくさんも「芝居のマネゴトしてます」と芝居の話になり、他人にあれこれ言われるのが嫌だから、自分の劇団でやっている。故・蜷川幸雄氏からオファーが一度来たけれど、偶々先約があって断った話。「何も言いませんから、出てくださいよ」と言われてましたが、どうでしょう。

10/23 「新宿レフカダ」プレゼンツ 迷宮落語会 新作横盗り@新宿レフカダ

10月23日

10月は立川志ら乃の新作横盗り月間。2週目の林家彦いちを避けた訳ではありませんが、吉笑の回に行って来ました。

一、「真田小僧」 立川志ら乃 マクラが長くて、真田小僧の前半、という感じでした。本日のメインである立川吉笑の新作「何時材」(いつざい)を演じる為、構成を考えいくつかの"沼"にはまって夜が明けたのでは? 少々異様でしたが、とても楽しかった。

一、「一人相撲」 立川吉笑 初めて聴きました。1984年生まれ。マクラは標準語で、本編は関西言葉になるんですね、この方。おもしろかった。

中入

一、「何時材」 立川志ら乃 このあとのトークで、吉笑さんは自分の台本通りにやってどうなるか聴きたかったようですが、志ら乃はそうはせず、足したり引いたりして作り上げてました。私は元の噺を聴いたことはありません。「〇〇年にひとりの逸材」という言い回しをキーワードに展開していきます。聴きごたえタップリでした。でも、残念ながら(おそらくギリギリまで考え抜いたのでしょうけれど…)、オチはあまりおもしろくなかったな。

一、横盗りトーク 志ら乃、吉笑  このお二人は10歳違い。吉笑さん、タダモノではない雰囲気で、変な遠慮なしのトークが興味深かった。鋭い感覚の志ら乃と、理論派だが技術はまだ追いつかない吉笑。  志ら乃さん、人の新作落語をやるのは予想以上のことだったそうです。「沼にはまる」、つまり考えが袋小路に入って抜け出られなくなるということでしょうか。5月に4週連続3作古典ネタおろしの会をやって、本当に大変で、そのあともテンションがおかしくなった。それで10月は週に1作ずつ、2週やって1週は休み、残り2週というプログラムにしたけれど…という話。いわゆる、古典派、新作派の話題や、(家元・立川談志亡き後の)立川流について、孫弟子世代の動きの話題、志ら乃のところに来た弟子志願者のトンデモ話など。私は古典愛好者ですが、新作も否定はしません。ただ、テレビ受けするだけの笑いや、卑猥な笑いは好きじゃないです。

10/19 立川志らく落語大全集〜志らく十八番の巻〜@国立演芸場

10月19日

開口一番    「安兵衛狐」  立川志ら門

「看板のピン」  立川志らく    まくらで、やたらクレームの多い世の中を嘆く志らくさん。テレビのコメンテーターを毎日やって、ツイッターやって、月2回ニコ生やって、現代日本のやり場のないイライラのとばっちりを浴びることも多いでしょうね。ネットはおそろしい。そんな事でどうにかなる人ではないけれど、無駄な時間とエネルギーが勿体ないと思う。「ふざけるな!」とよく言われるが、自分はふざけてるんですよ、と。テレビでは言えない、命がけのおふざけ、私はそうだよなと思った。噺は安定のおもしろさ。

時そば」  立川志らく    一番楽しく、さすが!と思ったのは、超有名な例の十六文数える途中で時を聞いて一文ゴマかす部分を言い間違えたところ。そして、その間違いそのものもネタにして、より楽しくやり直したこと。かつて生放送で、しかもNHKが集めたお客さん( そもそもを知らない率が高い)の前で同じ間違いをやってしまい、トラウマのようになっていると、中入り後の噺のまくらで言ってました。フロイト流にとらえると、無意識がそうさせたのだ、と言えないことも無いですね。蕎麦を食べる所作では、自分も中途半端だと言ってらしたけど、何が正しいのか?私は気になりませんでしたが。映画「銀座カンカン娘」で、志ん生が扇子を逆に持って蕎麦食べているとのこと。私、この映画は見てます。「疝気の虫」を家で稽古するシーンかなぁ?

中入り

文七元結」  立川志らく  落語大全集では、必ずプログラムに志らくが文章を載せています。これを読むのはいつも楽しみです。この噺に関しては、難しい噺だから飽きてはいるが飽きている余裕がない噺、と書かれていました。私は毎回泣いてしまいます。今回は、前回と全く同じところで涙が…。死んではダメだ、生きていれば花も咲き、鳥もさえずる、云々というところ。ストーリーとしては笑うところでしょう。回りの人々は笑ってました。最後に家族が嬉し泣きして抱きあう、それを見て長屋の住人達は、外見のアンバランスに気が違ったと思う、っていうところも好きです。

10/11 シネマ落語の会 エデンの東@渋谷区立文化総合センター大和田 伝承ホール

10月11日

一、落語バトル

「桃太郎」  立川うおるたー    普通に楽しかった。

「堪忍袋」  立川志獅丸    おもしろかった。手ぬぐい(=堪忍袋)に向かって叫ぶのが、ちょっと聞き取りにくかった。

「替わり目」  立川志らら    この"下克上バトル"は、前座、二つ目、真打の順番で10分ずつやるのですが、たいてい押してしまい、最後の真打は時間が短くなりがち。そんな話を交えてから、ここぞという所を押さえていて、私はこの人に一票入れました。終演後の掲示では、2位の志獅丸の3倍以上の得票でトップでした。

一、「欠伸指南」    立川志らく    *それにしてもこの会は、ほぼ立川志らく独演会なのに満席にならない不思議な会です。一門会という3文字がタイトルにあると敬遠されるのか?19日の「大全集」なんて、プレイガイド系は瞬殺ですよ。志らくさんが言うようにマニアックという事もないと思うし、イープラスでも買えるから、志らくが聴きたい人は気軽に来れば良いのにね。

テレビでこの噺をやった時のエピソード (時間厳守の世界。何度も出されると落ち着かないので一度だけ出す事になっていた「あと3分です」のペーパーを、あと30秒、のタイミングで出された。つまり、速くやっていた。)をマクラに、本編へ。志らくは嫌らしくない擬音や仕草の天才だと思いますが、今夜の「オホホイ」は良かったな。私、前夜は別種のライヴに行ってまして、とてもショックな発表があり、声出して笑って志らくさんに助けてもらった。ただおかしい、というか、思い詰めても仕方ないこともあるさ!という心境にちょっとなりました。

一、「三枚起請」    立川志らく    吉原の花魁に「年が明けたら夫婦になる」と証文をもらった三人の男の噺。彼らが、後半の「エデンの東」に登場します。

仲入り

一、シネマ落語「エデンの東」    立川志らく    映画をDVDで見て予習したのが、2日前。今回はちょっと、映画の主人公のイメージが強く残っていて、え?と思った。ジェームズ・ディーン演じるあの暗いキャルが、幇間になって人気が出るような陽気な男になっていたので。でも、「目は笑ってない」と彼を理解する人の言葉で表現されていた。親子の愛憎というテーマは、まさに私の人生と似ているのだけど、志らくさんは楽しくスリリングな噺にしていたように思いました。キャルの兄貴は狂って、舟の上で「夏の欠伸」やってましたよ。タイミングとしては私には有難いです。ストーリーとしては、別の話かなとも思う。浅い見方かもしれないけれど。

 

10/2 「新宿レフカダ」プレゼンツ 迷宮落語会 新作横盗り@新宿レフカダ

10月2日

5月に「らくご錬金術 よんさん会」があり、10月には"人の新作をやる会"がありますと告知され、どんなのかなぁと思って行って来ました。

一、「長短」 立川志ら乃 まずは、古典落語。マクラの方が長かった、たぶん。爆笑問題のラジオ番組に出演した時に、事前打ち合わせの"イケメン落語家ブーム到来"ではなく"高橋維新"の話題で切り込んだアレコレ。志ら乃の師匠である立川志らくが、高橋維新のことツイートしているのをチラッと読んでいたので、特に面白かった。 「長短」は、気の長い男と気の短い男が登場人物なのですが、長さんのゆーっくりしゃべるリズムが、志ら乃はまだ速いな。短気な私でも待ち切れる。

一、「寝床」 立川談吉 本日、新作を横盗りされるのがこの方。高座聴いたのは初めてです。立川談志最後の弟子であり、談志亡き後、立川左談次門下に移ったと公式サイトに載ってました。二つ目さんです。志ら乃が長くやったあとだし、今日のメインはこの後だから…と思ったけれど、普通の長さで普通に寝床やってました。

中入り

一、新作横盗り落語 (題名未定) 立川志ら乃 元は談吉の「シロサイ」です。動物の白いサイ。"正確に言うと、「談吉がシロサイを作った時の着眼点」を、横盗りました。"ということだそうです。そもそも"シロサイ"を知りません。で、志ら乃のこの噺にはサイは登場しません。私は新作落語は敬遠する方ですが、これはおもしろかった。

一、横盗りトーク 談吉・志ら乃 シロサイ、から、今やった志ら乃の噺がどう生まれて行ったのか、その過程を聴くのはおもしろかった。

8/29 志らくひとり芝居 『不幸の伊三郎』@シアター711

初日を見ました。パンパンの満席でした。(小さな小屋です。)
とても面白かった。
一番私のツボにはまったのは、息子たかしの夏休みの読書感想文が「痴人の愛」についてだったこと。おませな小学生だ。
その他、次から次へとシチュエーションが可笑しいのと、言葉のギャグと、沢山。

でも、私は落語の志らくの方が好きだな。

今年5月に上演された『不幸の家族』の19年前である2006年という時代設定及び伊三郎の年齢設定と、芝居の内容にどうも隔たりを感じてしまった。
つまり、小学生の子がいる年代の父親が、あんなにあれこれ妻に言うかな?という違和感。自分が使うものなのに「○○を持って来なさい」と言ったりする。こんな親父、落語の国にはいても、現実にはあまりいないのでは。
(だから、これは志らく新作落語なのかしら?)
ひとり芝居だから、相手がいると想定してしゃべるのは当たり前だけど、その語感とかが、どうも気になりました。
些細なことですが、些細なことって案外重要だったりしますよね。

最後に伊三郎が家族で花火を楽しんだシーンを回想して、全く同じセリフを言って再現し、泣き崩れる。(その晩、心筋梗塞で妻は亡くなるのです。)
そこで泣いているお客さんもいたけど、私は泣かず。
3日も便秘してた伊三郎、(トイレ関係の部分で何度も爆笑しました)、妻の葬儀の時にお腹はどうなったんだろう?と思ってました。
偏屈者ですね。

8月29日
作   立川志らく
音響 吉田望(ORANGE COYOTE)
照明 しもだめぐみ
制作 ダニーローズ

8/18 シネマ落語の会 ローマの休日@渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

8月18日

一、落語バトル

「胡椒の悔やみ」 立川うおるたー 何だかちょっと後味が悪かった。

「権兵衛狸」 立川志奄 談志の録音で何度も聴いている噺なので、その印象がどうしても強く残っているんです。でもバトルのなかでは彼に1票投じました。普通におもしろかった。

「鼠穴」「芝浜」 立川こしら、ゲスト遠峯あこ(アコーディオン、うた) 実は、こしらは初めてです。あこさんは、志らくの会で2回聴いてます。バトルの結果1票差で一位でしたから、彼を支持する人もいるのでしょうけれど…高座の前に立ってマイク握って歌ってました。形はいろいろあっても平気ですが、まずは志らくより上手く歌えるようになってからこれやったらいいと思う。(投票用紙の欄外にそう書きました。政治選挙なら、"他事記載"で無効票。)

一、「青菜」 立川志らく これは乙な噺ではなく、暑さで気が違った噺なんですよ、と前振りあり。その通り、狂気の青菜でした。これでもかというくらい、ギャグが入る。おもしろかった。それにしても、落語国のおかみさんは亭主の言うこと嫌でもやってあげて、可愛いな。真夏だというのに「次の間」がないから押し入れに入って待機していたり。

一、「唐茄子屋政談」 立川志らく 唐茄子とはかぼちゃのことです。次の「ローマの休日」で志らくさんも言っていたけれど、先月の「人情八百屋」に似ているのです。歩いて商売している八百屋が、貧乏長屋で遭遇した親子に売上金をあげたら、因業な大家に滞納している家賃の分だと取られて母親が自殺しようとするところ。でも、この噺では息を吹き返し、死ななくて私には良かった。どこがどう、と細かく書く力がありませんが、全体にしまっていて良かった。かぼちゃって重いですよ。最近1個丸ごと買ってませんが。

仲入り

一、シネマ落語「ローマの休日」 立川志らく 事前にDVD見ました。こういう映画、好きです。アン王女を姫君にするのではありません、という告知は知っていましたが、花魁とは思いつかなかった。籠の鳥、といえば同じだけれど、王女が王室に戻るのと、花魁が吉原に戻るのは意味は違いますよね。深い意味では同じかなぁ。初めは金目当てで、瓦版屋が花扇(はなおうぎ)花魁をあちこち連れまわします。(つい、はないかだ、と書き間違えそうになりました。あれは関取だ。)それを友人の絵師が描いていく。「真実の口」のシーンは、浅草寺で線香の煙を自分の体の悪いところにあてるシーンに。のぞきからくりの歌、確かに長かったけど見事だし楽しかった。何よりも、「青菜」「唐茄子屋政談」との対比、立体感が抜群でした。一人称と二人称が見事に逆向きになり、それぞれの登場人物がこの「ローマの休日」に良いタイミングで出てくるのです。先月の人情八百屋と被ったのは配置ミス、という主旨の話がありましたが、アン王女がギターで叩くシーンは、やっぱりお花ちゃん(=花扇)が因業大家をカボチャでゴン!でなくちゃ。情景が目に見えるようでした。心を通わせた二人。でも花魁は戻って行き、瓦版屋は書かず、絵師は完成した絵を花魁のもとに届けます。こういうのを聴くと、やっぱり来月のチケットを買ってしまいますね。

8/7 立川流夜席@上野広小路亭

8月7日

代演が重なり、ほとんど志らく一門会状態でした。

開口一番 「手紙無筆」 立川語楼 談四楼一門の前座さん。

「欠伸指南」 立川志らべ 

「黄金の大黒」 立川らく次 声が通っていて、かつ、おもしろい。

「遊山船」(ゆさんぶね) 立川雲水 上方落語、と分類されるのでしょうか。この方の噺を聴くのは2回目ですが安定のおもしろさがある。かといって、何でもアリの世界ではなく、品がある。碇の模様のそろいの浴衣姿で船遊びしている稽古屋の女性と清八が、粋な言葉のやり取り。それを家に帰って、我が女房と真似事をやってみようとする喜六。亭主に言われて、わざわざ碇の模様の古い浴衣を出して着て、たらいに入る女房も可愛いなぁ。碇といえば平知盛を連想しましたが、特に関係無い?

「たらちね」 立川しら玉 

「ずっこけ」 立川志ら乃 酔っ払いと酔っ払いを呑み屋から連れて帰る兄貴分の噺。数えたら、志ら乃のずっこけを聴いたの3回目でした。でも、熱量があって抜群に楽しい。小便出す為にかける号令、というか掛け声、は注文されて実にやさしく。おかみさんのセリフのあたりはちょっと下品な気がしましたが。また聴きたいです。

7/28 シネマ落語の会 オーメン@渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

7月28日

一、落語バトル

幇間腹」 立川らく葉(らくば)

蜘蛛駕籠」 立川らく人 1票差で前座に抜かれて第3位でしたが、この人の「あーら、くーまさん」が耳から離れない。真打はそりゃ上手いけど、私はらく人さんに丸付けたのです。残念。

「鰻屋」 立川志らら トップ当選52票。それは納得。

一、「黄金餅」 立川志らく 凄惨な噺ですよね。病で先がもう無いと思ったのか、貯め込んだ金に未練が残り、あんころ餅の餡は食べて、餅のなかに金を埋め込みそのまま呑み込んで死んだ偽坊主、西念。頼まれてあんころ餅を買って来てやり、こっそり覗き見した金兵衛は腹の中の金(おそらく小判じゃなくて粒状?)をなんとか手に入れたいと、遺体を焼いた後取り出すのです。麻布絶口釜無村(あざぶぜっこうかまなしむら)の木蓮寺まで運ぶところの志らくの言い立てはさすが、カッコいい。で、例のむちゃくちゃなお経(きんぎょーきんぎょー…)で弔って、桐ヶ谷の焼き場で焼いてもらい、鯵切り包丁で腹を裂いて金を取り出す。そして、餅屋になって繁盛しましたとさ。凄惨だけど、貧乏ってそうだよな、とか、私も(同じことはしてませんが)「出来ないよー…いや、金の為なら出来る!」と自分で自分を奮い立たせてのたうちまわった事がつい最近あったり、ね。

一、「人情八百屋」 立川志らく こちらの噺は、気持ちよく泣きました。

仲入り

一、シネマ落語 オーメン 立川志らく 黄金餅と人情八百屋がきっちり絡んできます。さすが。筋は初天神がベースになって金坊がダミアン。私はホラー映画が苦手で、敢えて見る気はないのでよく知りませんが、ダミアンという名前くらいは知ってます。この噺は怖かった。怪談。夢オチ?が2回くらいあって、最後は金坊の頭に「死」をいう痣がみつかり(オーメンの666ですね)、「テケレッツのパ」でおしまい。来月は「ローマの休日」ですね。チケット購入しました。

7/19 立川志らく落語大全集~大河ドラマ お咲さん~@国立演芸場

7月19日

開口一番 「孝行糖」 立川らくぼ

「風呂敷」 立川志らく まず、着物が薄めの緑色系で、ツイートで志らくがつぶやいていることと関連していておかしかった。いろいろな言葉、事象が次々展開して行ってました。次の噺でこれは「考えオチです」と志らくさんが言ってたけれど、私にはわかりませんでした。クレクレタコラの振りがヒントのようですが、つくづく自分はセンスがないなぁ、と思った。"チンパン探偵ムッシュバラバラ"はとても懐かしかった。チンパンジーが演じてるドラマ、と聞いてもピンと来なかったけれど、♪ムッシュバラバラ バーラバラ♪のところで記憶が蘇りました。それにしても、志らくは歌が完璧。

www.youtube.com

厩火事」 立川志らく お咲さんの数年後がこの噺になります。楽しかった。当日配布のリーフレットに、どこまでナンセンスに語れるか…と掲載されてましたが、このお咲さん大好きです。

中入り

「二人旅」 立川志らく 談志の録音で何度も聴いているせいか、志らくのおばあさんはあまりおばあさんになっていないと思った。ミミズクの卵を丸呑みしてはお尻から出す変人になっていたと思う。難しいものですね。設定としては、このおばあさんはお咲さんの母親だそうです。

「洒落小町」 立川志らく で、このガチャ松さんが、お咲さんの娘、という設定でした。この噺はクレイジーで大好き。淀みなく飛び出す洒落の数々(笑)

16年かけて203席やるのが「落語大全集」です。203席あるから、こういう回もある。そして、最後まで行ってもまだ67歳だからもう1周できるかも、という話題も出ていました。こりゃ、聴く側も頑張らないとだめだな。