落語を聴いた日

ナマで落語を聴いた日の覚書と、落語に関係するあれこれについて書きます。

9/13 立川流夜席 『オール真打ち、オール前座噺』@お江戸上野広小路亭

9月13日 前日に思い立って行くことにしました。 一、開口一番 「寿限無」 立川錦笑 立川談笑の4番弟子さん。 一、「権助魚」 立川左平次 最初の師匠、快楽亭ブラックさんに教わった噺だそうです。(現在は立川左談次一門。)これは前座噺ではない!と後の高座で言わ…

8/22 立川志らくのシネマ落語~特別編vol.11~「E.T.」@紀伊國屋ホール

8月22日(前座は無しでした。割り切って時間ジャストで仕事終え新宿に向かって良かった!)一、「天狗裁き」 立川志らく(寝ている時に見る)夢が関係するおもしろい噺。十人寄れば、気は十色(といろ)…いや「饅頭怖い」じゃない!というところで私は笑ったけれど…

7/19 立川志らく落語大全集 テーマ:江戸の風の巻@国立演芸場

7月19日 開口一番 「道灌」 立川らくぼ 一、「引っ越しの夢」 立川志らく とにかく良く笑った。 一、 「ちりとてちん」 立川志らく フリーメーソンまで出て来て、楽しくて可笑しかった。 中入 一、「唐茄子屋政談」 立川志らく 唐茄子とはかぼちゃです。今までこの噺…

7/11 第十回「新・志らく百席」@横浜にぎわい座

7月11日 一、「山号寺号」 立川らくぼ 一、「看板のピン」 立川志らく 久しぶりに落語を聴いたのは、自分の生活がこの春から変わったからです。志らくさん、今日は羽織の紐は赤系でした。マクラに世相のこと、テレビ出演のこと、蛭子さんの大爆笑エピソード…

5/21 「不幸の家族」@赤坂レッドシアター

5月21日 一、 古典落語「やかん」 立川志らく 自分は何でも知ってると、自慢しているご隠居さんとのやりとり。○○はなんで○○って言うんですか?が続き、タイトルの「矢が当たってカーンだから、やかん、だ!」までは行かず、(元は、のろ、と呼ばれていたけれど…

4/30 立川志らく・柳家花緑 二人会 -アルテリッカしんゆり2017-@宮前市民会館

4月30日 川崎・しんゆり芸術祭の一環の会でした。 一、「浮世床」 立川らくまん 志らくの19番弟子の前座さん。ぎっしり良いものが詰まった感じ。おもしろかった。 一、「不動坊」 柳家花緑 実は10年以上前、横浜で野村萬斎さんとのコラボ企画があって見に行ったこ…

4/25 志らくひとり芝居 『不幸の伊三郎』@本多劇場

昨年に続いて再演となった志らくひとり芝居、2日公演の2日目に行って来ました。今年は『不幸の伊三郎』が先で『不幸の家族』は5月に上演です。去年とは上演の順番が逆。 一、「火焔太鼓」 立川志らく 3月のブロッサムも、4月の大全集も行けなかったので、実は…

2/5 第三十七回 鎌倉はなし会 立川志らく独演会@逗子文化プラザホール・なぎさホール

2月5日 一、開口一番 「権助魚」 立川らくぼ 一、「親子酒」 立川志らく 理屈が理屈っぽくて、それがまたおもしろい。 一、トーク 立川志らく、水道橋博士 すみません、私、浅草キッドも水道橋博士もごく最近名前を知ったくらいで、漫才は聴いたことないのです。…

1/30 第203回立川志らく一門会 『師匠の志らくと弟子の志ら乃の親子会』@お江戸日本橋亭

チケット完売し、自由席だったので開場前に整理券発行するくらいでした。昨年の一門会は前座、二つ目、真打の「下剋上バトル」を30分、志らくが古典落語とシネマ落語を毎月やったけど、不思議と満席にならなくて志らくファンには穴場だったのです。他の独演会…

1/23 立川談春 新春独演会「居残り佐平次」@品川プリンスホテル・クラブeX

1月23日 一、小噺 立川ちはる 緊張してるのがわかりました。談春さんって、怖そうだもの。でも、厳しく教えられて得るもの、鍛えられるものがあるのでしょう。入門するだけでも根性あると思う。 一、「堀の内」 立川こはる 二つ目ですから羽織着用して、落ち着…

1/19 立川志らく落語大全集〜テーマ 芝居 〜@国立演芸場

1月19日 開口一番 「道灌」 立川うぉるたー 一、「なめる」 立川志らく 16年かけて203席をやると、こういう気持ち悪い噺も入って来るとのこと。当日配布のリーフレットには「『なめる』はほんのシャレです。」と記載されてました。確かに気持ち悪い。若い娘の乳の…

12/26 シネマ落語の会 素晴らしき哉、人生!@渋谷区立文化総合センター大和田 伝承ホール

12月26日 一、落語バトル 「看板のピン」 立川志ら門 「転失気」 立川志庵 「鰻屋」 立川らく朝 一、「居酒屋」 立川志らく タイトルについて「宗教居酒屋」と志らくさんツイートしてました。まぁ、宗教と言ってもいろいろあります。仏教は落語と馴染み深いからか、主…

12/23 立川志らく独演会@よみうりホール

12月23日 一、開口一番 「時そば」 立川がじら おっ!羽織姿だ、と思ったら、今月、二つ目に昇進なさったそうです。(落語家で同期昇進の人はいないけれど、探してみると次期アメリカ大統領トランプ氏が同期とのこと。) 本編に入る前に二八蕎麦の由来の話で言い…

12/21 立川流 孫弟子の会 「立川流が好きっ!!」@深川江戸資料館小劇場

私は立川流は「まぁ、好き」なんです。談志は大好きです。立川流の落語家の噺を聴いて、つまらないなぁと思ったことあります。他の流派は高座では殆ど聴いたことありません。CDでは聴きます。 また、落語界の仕組みにあまり関心はないです。能・狂言、文楽など…

12/1 写噺 SHABANASHI @国際連合大学・エリザベス・ローズ国際会議場

しゃばなし、と読みます。志らくさんのツイートで知って応募し、行って来ました。 主催は画像、動画を扱っているGetty Images という会社で、今年初めて、写真×落語、のイベントを開催。二人の落語家が、Getty Imagesの選んだ2016年を象徴する報道写真の中か…

11/21 談志まつり 2016-立川談志生誕80年記念公演ー(2日目)@よみうりホール

談志まつりに行って来ました。チケットが取れたのは、2日目のみ。でも、命日は21日だし、良いのです。 【昼の部】 一、「権兵衛狸」 立川談吉 狸は体のどこを使って「ごんべ、ドンドン」と戸を叩くか、実演するのを初めて見ました。後頭部で叩く。だからガラッと…

11/17 立川流広小路亭寄席 (昼席)@上野広小路亭

11月17日 志ら乃さんが代演で出る、というツイートを見て行って来ました。一日で10人以上の噺を聴いたのは初めてです。 一、前座 二人目の途中で席に着いたので、すみませんうろ覚えで、確か、志ら松さんだったと思います。演目は、「元犬」。 一、「看板のピ…

11/5 赤坂寄席vol.4 「本日、ふたりで」 @豊川稲荷東京別院

11月5日 「立川志らく&相島一之」の二人会の2日目にして千秋楽に行って来ました。前回までは赤坂レッドシアターでの開催でしたが、今年は会場が確保出来ずこの会場になったとのこと。ご本尊様と同じ高さに赤い布で覆われた高座があり、その前には賽銭箱。開演…

10/23 「新宿レフカダ」プレゼンツ 迷宮落語会 新作横盗り@新宿レフカダ

10月23日 10月は立川志ら乃の新作横盗り月間。2週目の林家彦いちを避けた訳ではありませんが、吉笑の回に行って来ました。 一、「真田小僧」 立川志ら乃 マクラが長くて、真田小僧の前半、という感じでした。本日のメインである立川吉笑の新作「何時材」(いつ…

10/19 立川志らく落語大全集〜志らく十八番の巻〜@国立演芸場

10月19日 開口一番 「安兵衛狐」 立川志ら門 「看板のピン」 立川志らく まくらで、やたらクレームの多い世の中を嘆く志らくさん。テレビのコメンテーターを毎日やって、ツイッターやって、月2回ニコ生やって、現代日本のやり場のないイライラのとばっちりを…

10/11 シネマ落語の会 エデンの東@渋谷区立文化総合センター大和田 伝承ホール

10月11日 一、落語バトル 「桃太郎」 立川うおるたー 普通に楽しかった。 「堪忍袋」 立川志獅丸 おもしろかった。手ぬぐい(=堪忍袋)に向かって叫ぶのが、ちょっと聞き取りにくかった。 「替わり目」 立川志らら この"下克上バトル"は、前座、二つ目、真打の…

10/2 「新宿レフカダ」プレゼンツ 迷宮落語会 新作横盗り@新宿レフカダ

10月2日 5月に「らくご錬金術 よんさん会」があり、10月には"人の新作をやる会"がありますと告知され、どんなのかなぁと思って行って来ました。 一、「長短」 立川志ら乃 まずは、古典落語。マクラの方が長かった、たぶん。爆笑問題のラジオ番組に出演した時に、…

8/29 志らくひとり芝居 『不幸の伊三郎』@シアター711

初日を見ました。パンパンの満席でした。(小さな小屋です。)とても面白かった。一番私のツボにはまったのは、息子たかしの夏休みの読書感想文が「痴人の愛」についてだったこと。おませな小学生だ。その他、次から次へとシチュエーションが可笑しいのと、言…

8/18 シネマ落語の会 ローマの休日@渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

8月18日 一、落語バトル 「胡椒の悔やみ」 立川うおるたー 何だかちょっと後味が悪かった。 「権兵衛狸」 立川志奄 談志の録音で何度も聴いている噺なので、その印象がどうしても強く残っているんです。でもバトルのなかでは彼に1票投じました。普通におもしろか…

8/7 立川流夜席@上野広小路亭

8月7日 代演が重なり、ほとんど志らく一門会状態でした。 開口一番 「手紙無筆」 立川語楼 談四楼一門の前座さん。 「欠伸指南」 立川志らべ 「黄金の大黒」 立川らく次 声が通っていて、かつ、おもしろい。 「遊山船」(ゆさんぶね) 立川雲水 上方落語、と分類される…

7/28 シネマ落語の会 オーメン@渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

7月28日 一、落語バトル 「幇間腹」 立川らく葉(らくば) 「蜘蛛駕籠」 立川らく人 1票差で前座に抜かれて第3位でしたが、この人の「あーら、くーまさん」が耳から離れない。真打はそりゃ上手いけど、私はらく人さんに丸付けたのです。残念。 「鰻屋」 立川志らら ト…

7/19 立川志らく落語大全集~大河ドラマ お咲さん~@国立演芸場

7月19日 開口一番 「孝行糖」 立川らくぼ 「風呂敷」 立川志らく まず、着物が薄めの緑色系で、ツイートで志らくがつぶやいていることと関連していておかしかった。いろいろな言葉、事象が次々展開して行ってました。次の噺でこれは「考えオチです」と志らくさんが…

6/14 立川志らくのシネマ落語 特別編 vol.10 スティング@紀伊國屋ホール

6月14日 (開口一番はプログラムに掲載されていましたが、取りやめでした。) 「湯屋番」 立川志らく 「あくび指南」 立川志らく 仲入り 「看板のピン」 立川志らく 「シネマ落語 スティング」 立川志らく 好みは人それぞれですよね。私はギャング映画はあまり好きでは…

5/31 みなと毎月落語会 立川志らく独演会@麻布区民センター

5月31日 開口一番 「たらちね」 立川志ら鈴 最近一番多く聴いている前座さんかもしれません。なんとなくこの人の口調にこちらが慣れて来ました。婚礼の話のところで『高砂や、この浦舟に帆をあげて』の謡が上手だった。(能「高砂」は何回か見ています。) 「長短」 …

5/29 らくご錬金術 よんさん会@レフカダ新宿

5月29日 この会は午後2時開演で、私にとっては頑張って起きないと難しいのです。4週連続3本ネタおろしの会はとっても魅力的ですが、過去2回遅刻してます。すみません。今回は、やっと余裕持って着席しました。 「芝居の喧嘩」 立川志ら乃 初め、友達同士が…